資本政策 資本政策表の分析 1 上場申請書類1の部からの作成 ②作成手順 1日目

更新日:7月3日





What is 資本政策表 ? (おさらい)


資本政策表は、設立からIPOまでの資本取引、株主、株式数(潜在株式含む)、持株割合などを計画、進捗管理する一覧表です。


前回①序章で書きましたが「ココナラ社」の1の部からの作成手順を書いていきます。まずは、使用する1の部を少し、説明しましょう。





What is 1の部 ?



1の部は、上場申請日に提出する有価証券届出書のことです。2の部と併せて作成されますが、1の部は、以後毎年開示される有価証券報告書とほぼほぼ同じ様式書類です。


以下、一般的な上場準備期に監査法人が支援説明に使う一覧スケジュールですが、赤枠で囲っているところが、1の部です。


ちなみに、わたしは2000年、会計士となり監査法人勤務を始めて初めて「有報」を見たとき、そのボリュームに圧倒されました。また、さらっと見るには100枚文書なのですが、チェックするだけで最初は辟易したものでした。






さて、以下のスケジュールで書き落としていく予定です。


資本政策表の分析 1 上場1の部からの作成

①序章                       (2022/2/1 公開済み)    

②作成手順 1日目                  本日公開

③作成手順 2日目

④作成手順 3日目


資本政策表の分析 2 作成された資本政策表の分析

⑤共同出資者の持株(予定)

⑥ストックオプションの付与(予定)

⑦資金使途分析



Why we talked about 1の部?


さて、なぜ1の部で資本政策表なのでしょうか?




1の部には、過去6年間の資本取引が開示されているのです。開示場所は、以下、1の部の目次、第4 提出会社の状況 1.株式等の状況 です。





P.44以降に、該当ページがあります。(以下)




この資本取引推移の「最近の取引」から、過去にさかのぼって作成していくのです


まずは、一番最後に記載されている減資(以下赤枠)からです、以下のようにエクセルに記入していきます。






なお、KKFASでは業界分類ベンチマークで資本政策表分析サービスを計画しています。


閲覧数:5回0件のコメント