資本政策 資本政策表の分析 1 上場申請書類1の部からの作成 ⑧作成手順 7日目 (IPOの10年前)


ココナラ社を題材にした、1の部から資本政策表を書いてみるシリーズ、本日、7日目となりました。次回(8日目)で創業日までさかのぼることができるとおもいます。それが終わった後は、区切りですし、数回、「分析」に移りたいと思います。


さて、前回6日目で「以下」までさかのぼりました。IPO(2021年2月)から9年前のシリーズBの調達まできていましたね。

本日は、前回同様「ネット」情報でのさかのぼりです。今日はシリーズAの調達、10年まえの資本取引になります。


2012年11月の資金調達のニュースが見つかりました。しかし、このころ毎月まめにニュースリリースを出されています。そのあたりも地道な努力の成果を感じました


このときの出資者はImproVista、3千万円の調達でした。さて、何株はっこうしていたのでしょうか?Webだけではわかりません


そこで、一の部のP.99の第4部、株式公開情報を見てみると、ありました。



ImproVistaは、1,609株のA種株式を普通株へ転換していますね。


よって、2012年11月の資金調達は、A種株式、1,609株を3000万円で行っていたわけですね。では、前回シリーズBからさかのぼって、エクセルへ入力します。



シリーズBは、ポスト株式数17,632株でしたので、そこからBの発行数3822株を引くと、シリーズAのポスト株式数 13810株、今回A種1609株です。


A種株一株の株価 30,000,000÷1609=18,645円


したがい ポスト時価 18,645円×13810株=257百万円 (①)


したがい、プレ時価  257百万円-30百万円 =227百万円 だった計算です。


最後、まとめといいますか、このシリーズAの調達が、初めての外部資金調達だったとおもいます


本件でごく一般的な話をするだけですが、10%の持分をA種株式へ譲渡しています(なぜ10%かは、次回たねあかし)。


10%の株式との交換で30百万円を調達している


そして、当時の株式価値とは、それは、上記の①式で決まっているのですね。


多分、次回が作成手順の最後です。では。

















閲覧数:9回0件のコメント