資本政策 資本政策表の分析 1 上場申請書類1の部からの作成 ①序章 

更新日:7月3日




What 資本政策表


資本政策表は、設立からIPOまでの資本取引、株主、株式数(潜在株式含む)、持株割合などを計画、進捗管理する一覧表です。


これまでいくつかの資本政策表を見てきました。資本政策表には、IPOを成功させるに至る資本政策の軌跡があります。


上場会社は、上場時に「1の部」を作成しますので、公開されている1の部から上場した会社の資本政策表を作ることが出来るはずです。


実際、先月、ココナラ社の設立から上場時までの資本政策表をつくってみました!


なぜ、ココナラ社かというと、実はKKFASのHP作成は自作したのですが、「SEO対策の授業」をココナラで購入したからです。笑 それ以外、利害関係は皆無です。


因みに、ココナラ社の業界分類(Speeda)は「専門情報サイト業界」です。



Why 資本政策表分析 by KKFAS


資本政策表は、上場会社の1の部で、およそ作成が可能であること。また、ベンチマークとなる上場会社の資本政策表の分析は有用であろうかと思います。


とりあえず1社作成してみました(期間10年ですのでキャプチャーは字が小さいですが)。まずは、その作成手順、そしてそのヒストリーからわかる点を分析としてとりあげようとおもいます。




そこで、今回テーマは資本政策表の分析ということで、何回かに分けて書いていこうといます。


ただし、12月、1月、2月、3月・・・休みがありません! 基本隔週、やや不定期に書いていく予定です。



ざっと、以下のスケジュールを組んでみました。およそ、以下の単元で書き落としていく予定です。


資本政策表の分析 1 上場1の部からの作成

①序章

②作成手順 1日目

③作成手順 2日目

④作成手順 3日目


資本政策表の分析 2 作成された資本政策表の分析

⑤共同出資者の持株

⑥ストックオプションの付与

⑦資金使途分析



なお、KKFASでは業界分類ベンチマークで資本政策表分析サービスを計画しています。

閲覧数:11回0件のコメント