事業計画策定支援(追加融資、プレIPO)

売上規模20億円から100億円にあり、追加のプロジェクトファイナンスやエクイティファイナンスを見据えた 拡大する事業計画策定 を支援します

  • 800,000円
  • 御社オフィスまたはWeb面談(GoogleMeet)

サービス内容

フリーキャッシュフロー計画 追加融資/出資枠の拡大を目的とした事業計画であるため、フリーキャッシュフロ(FCF)※ーベースの事業計画をご提案します。 FCFは事業計画を用いた事業性評価(DCF法など)に用いる際に最も一般的に使用される指標です。 ※ フリーキャッシュフロー(FCF)   NOPAT(営業利益+その他経常的収支ー法人税等) + 減価償却費 ー 運転資本増減 ー 投資額(CAPEX) 1~5社程度の対象会社で実施可能です。 1.実績対比の計画 実績(3期)をベースとした積み上げ方式の計画であるため、信頼性を高めます。 実績については財務分析を実施し、計画の前提基礎とします。 過去250件以上の実績分析のノウハウを遺憾なく発揮します。 KPIを売上または利益と連動させ、今後計画KPIとの基礎を確認します。 2.計画 PLの集約 分析対象会社の会計システムの勘定科目を一定集約し外部者に見やすくフォーマットします。 3.計画 KPIの連動 売上、利益など関連するKPIを併記し、数値との連動を明確にします。 4.計画 財務分析 KPIとの連動を確認しながら、過去3期間の推移の中で異常については質問、正常な収益を求めます。これをベースに計画を引きます。 5.フリーキャッシュフロー計画合算 個社の計画を最後は合算します。個社の計画変更にて全体の計画を連動させます。 6.ベンチマーク分析 Speedaなどにより、業界情報、類似業種・業界のコンペティター各社の過去数年間の開示数値を用いて、将来計画値への客観的視点でのレビューを行います。