【高品位/事実】株価算定/PPA 上場/監査法人の対応

更新日:2021年8月1日


上場会社では、監査法人が株価算定書、PPA報告書の信頼性を監査します。この監査対応において株価算定書、PPA報告書は監査法人の専門部署/評価チームによるレビュー(※)が実施される実務が定着しつつあります。


(※)経営研究調査会研究報告第57号 無形資産の評価実務 -M&A 会計における評価と PPA 業務-Ⅱ 我が国のPPAの実務 2.PPAの作業フロー 評価チームと監査チームを含む関係組織との対応フローにて参照可能


専門部署/評価チームは、通常FASと呼ばれる別法人の専門家集団に属しており、大手監査法人の経験豊富な公認会計士であっても通常その専門性には対応できません。


われわれは、単に経験豊富な公認会計士というだけではなく、大手FAS出身者が専門部署/評価チームのメンバーとして、株価算定、PPAの実施だけでなく、専門部署/評価チームとしてのレビューも実施してきております。つまり、「監査で何を聞かれるか。」も知っているためそのポイントを抑えることができます。


そのため、監査法人の監査に耐え得る=高品質の株価算定書、PPA報告書の作成が可能なのです。


閲覧数:56回0件のコメント